企業の資金調達に欠かせないビジネスローンと必要な手続き

上手なビジネスローンの利用方法とは

中小企業の資金調達方法とは

企業を運営していくために様々な費用が必要になります。 すべてを自分で賄うのは大変難しく、そのために公的なものから民間のものまで、さまざまな融資制度やローン商品があります。 ひと口に融資やローンといっても、自分にはどの融資やローンが適しているのかを知るのが大切です。

企業のための融資

日本にはさまざまな企業があります。
その種類は、街の中やテレビコマーシャルなどでもよく見かける大企業から、従業員数人の零細企業まで実に様々です。
果たして、日本の労働者の比率はどのようになっているのでしょうか。
一部上場されている企業の上位3位までを大企業とした場合、その数は約1700社となり、従業員数は約800人と想定します。
日本の総労働者の数は約6600万人ですので、約12%が大企業の従業員ということになります。
つまり、残りの88%は大企業ではない、中小企業で働いているだということが分かります。
もちろん、従業員の中には経営者も入っています。
中小企業とはいえ企業を発展させるためには設備投資や開発は必要です。
しかし、一部上場されている大企業であれば、株式などをその費用に充てることもできますが、中小企業ではそれは出来ません。
中小企業が何かをしようとする時には、自己資本または借入金を使うことになります。
では、中小企業が資金調達するためには、どのような方法があるのでしょうか。
まず思いつくのが日本政策金融公庫による公的融資です。
民間に比べ、金利が安く比較的借りやすい面もありますが、借入した資金の使い道などを厳しくチェックされたり、提出する資料、書類の多さなど、借入までにはかなりの準備が必要です。
審査に日数がかかるので、急ぎの資金調達には不向きとも言えるでしょう。
民間の金融機関といえば銀行です。
大手都市銀行から地元に密着した信用金庫、信用組合など規模も様々ですが、一般的には公的融資に比べて審査のスピードが速く、長期間の融資が受けられる一方、公的融資より審査が厳しかったりします。
また、信用金庫などは借りやすい反面、金利が高くなるようです。

ビジネスローンとはどういうものなのか

公的融資と比べて資金の使い方が自由であったり、審査が早いなど利用しやすいのがビジネスローンです。 しかし、ビジネスローンには便利な反面、デメリットもあります。 ビジネスローンを正しく利用するためには、メリット、デメリットそれぞれを知る必要があります。

ビジネスローンの申し込み方法とは

設備投資など長期的な融資にはデメリットが多いビジネスローンですが、運転資金など短期的な資金には大変有効に使うことができます。 ビジネスローンは個人のカードローンのようにカードだけ作成しておくことも可能ですので、いざという時のために申込だけしておく人もいるのではないでしょうか。

TOPへ戻る